幼稚園と保育園の機能を持ち合わせた『幼保連携型認定こども園』として、
質の高い幼児教育を目指し、一人ひとりの心と身体を丁寧に育みます。

当園は昭和42年、緑豊かな文教地区でもある名東区に開園しました。
園の近くには、小・中学校や公園、病院、スーパーなどがあり
地下鉄東山線「一社駅」からは、徒歩7分とアクセスの良さも特長です。
平成27年からは『幼保連携型認定こども園』として、新たにスタートいたしました。
幼児教育と保育を一体的におこない、園児が心身ともに健やかに育成するよう
創意工夫し、豊かな心と優しい人間性にあふれる児童を育てます。
また、新制度のもと地域における子育て支援もおこなえる施設となりました。

教育・保育方針

『元気に仲よく、あそべる子』

自然や木の温もりを感じる園舎など良好な環境の中で、のびのびとあそび、友だちと協力する楽しみや喜びを感じながら、協調性を養います。

『あいさつができる子』

あいさつを毎日きちんとできる子どもは、他人との関係を上手くできる基礎力が育ちます。あいさつは心を育てるとても大切なもの。「おはよう」「おやすみなさい」「いただきます」など当たり前のあいさつができるよう、しつけ指導をおこないます。

『思いやりのある子』

思いやりは、自分の気持ちを受け入れてもらったり、他人の優しさに触れることから育ちます。園でのさまざまな体験や交流は、思いやりを育てる最高の種となるでしょう。

園長先生のあいさつ

「すべては、子どもたちの未来のために」をモットーに、子どもたちがより良い幼児期を過ごすことができる園を目指しています。

人間は6歳までの時期に人としての基礎が出来上がると言われています。
その大切な時に関わる者として、大きな責任と同時に成長を目の当たりにできる喜びがあります。
子どもたちを取り巻く環境は、日々目まぐるしく変わっていますが、
仲間と共に様々なことに挑戦し、体験し、それを達成したときの充実感のある笑顔は
いつの時代も変わりありません。
どの子どもにもあるこの笑顔を引き出すために、楽しく参加したり挑戦できる環境を常に整え、
子どもたちの心に寄り添い、一緒に感動を分かち合える大人でいること!
そんな保育士集団がつくる園でありたいと思っています。
また、保護者としっかり手を取り合って子どもたちの「いいとこ探し」をしながら、
成長を見守っていきたいと思っています。

東幼稚園 園長

渡部 京子

園の歴史

昭和42年の開園以来「より明るく、より健康に」を教育方針の柱とし、
優しさ・温かさのある教育をおこなっています。

昭和42年3月 学校法人名古屋東学院設立
昭和42年4月 名古屋東幼稚園設立開園
昭和49年3月 名古屋東幼稚園増設
昭和55年4月 東第三貴船幼稚園設立開園
平成16年   東第3貴船幼稚園から東貴船幼稚園へと変更
平成27年4月 名古屋東幼稚園が幼保連携型認定こども園としてスタート